読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後任の人

3月いっぱいで今の現場を長年やってこられたベテランの方が現場を離れ、その1ヶ月前から1ヶ月の引継ぎ期間と共に後任の人が入った。


ベテランの人の後任候補で複数人の中から私も挙がったらしいが、その段階では別PJ(1月〜5月)に居たこともあり、ちょっと期間やら人手的に厳しいねーということで後任の人を呼んだらしい。


が、就業して間もなく(真っ先にダメかもよと言ったのは他でもない引継ぎ中だったベテランの人)
この人はダメなんじゃね的な空気が流れるようになった。
その頃は絶賛別PJ稼動中のため、直接関わることもなくそーなんだーという感じだった。
(他人事じゃなくて理解できない意味合いで)


で、先月から後任の人の居る現PJに戻ったわけですが(名目的には今月から)直接接してみてほどなくダメなんじゃねな理由が見えてきた。


一つは現場に溶け込む努力が皆無なんである。(しかも若干態度が上方向以外に高飛車and高圧的)
ある種ストイックと言えばそうなんだけど、非常に接しづらいわけですよ。


教科書的には打ち合わせや会議で必要な情報は全て共有するのだけど、現実そうはいかなくて
案外たわいもない雑談やら、ちょっと教えてーという会話レベルから引き出す情報が意外に重要で
じゃあそれをするのに必要なのは現場に溶け込む=話しやすい雰囲気だったりするわけです。


本人的には「それをする必要がない」「仕事や技術レベルとは無関係」という辺りなんだろうけど、
(;'-')エー・・・。
という気がしてしまうわけです。正論だけじゃ仕事は進まないでしょ?


もう一つは人を自分の下に付けたことがないんだろうなーという雰囲気があるのですね。上記の接し方にも関わるけど。


管理職系統ならもちろん人は扱うし、技術特化的なキャリアに進むとしてもそっちはそっちで後進の教育なんかあったりするんでどっちにしろ人と係わり合いになることは必須になる。
会社内でも一匹狼的に動くことは不可能ではないだろうけど、一人事業部長みたいなもんで社内では一匹狼でも社外とは密接にやりとりして仕事する必要が出るだろうから人との関わりあいは必須だし、多分それは一匹狼じゃなくて単に会社で浮いた人って見られるだけである。


結果論としても後任の人は周囲から浮いている感は否定できないわけで・・・。


で、今日私と後任の人とリーダ格の人と3人で引継ぎに関わる打ち合わせをすると
後任の人→リーダ格の人に向かって文句とも愚痴とも取れない、あんな(ベテランの人からの)引継ぎじゃ仕事できるわけないでしょとかバラバラと。しかもタメ口。


(;'-') 貴方の5m右手側で違う作業してる振りしてマネージャがばっちり聞き耳立ててるのに気づきませんか。
(;'-') 一切リアクションしないけどマネージャ全部聞いてるよ。
(;'-') あ、隣のリーダ格の人もにこやかにしてるけど、多分内心かなりイラっとしてる。
(;'-') 貴方ベテランの人をこきろしてるけど、目の前のリーダ格の人&マネージャはかなり仲良しだった件は知らないよね・・・。


とまあステキな打ち合わせでした。ちなみに引継ぎ内容は貴方が不十分だと憤っていたベテランの人の作った引継ぎリストから私が引き継ぎ不要だと思う分削って返してくれ、とのこと。
足りてないってところからさらに削ろうって考え方は素敵。何か増やせよw


ちなみにベテランの人は私への引継ぎを「君ならなんとかできるから」という一言で済ませた史上最短記録を樹立した以外は
フォローなど含め色々お世話になったので、リーダ格&マネージャに代わり私がキレといても良かったかなーと今更ながらに思ってみたり。
引継ぎリストも一発物の資料以外は網羅してそうだし、問題なさそうなんだが・・・。