読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCの自動時刻合わせ

「今年うるう秒ってあるけどなんか対応いる?」という話から派生。


WindowsなどPC関連には自動で時刻合わせ機能がついています。案外知られていないのですが。


NTPと呼ばれる「時刻を合わせるためのサーバ(NTPサーバ)」と勝手に通信して自分のPCの時刻を合わせてくれます。
もちろんNTPサーバの時計が狂っていれば、こちらの時計も狂ってしまうのですが
公式なものは最終的にめちゃくちゃ厳格に管理されているNTPサーバとつながるので心配はいりません。


Win7の場合の設定方法は

タスクバーにある時刻のところを1回クリックすると次の画面が出てくるので



「日付と時刻の設定の変更」をクリック



「インターネット時刻」タブの「設定の変更」ボタンを押す



「サーバ」に「ntp.nict.jp」と入れておくだけ。(nict.jpは独立行政法人 情報通信研究機構です)
nict.jpが怪しい…という方は理工系の大学などがNTPサーバを公開していたりするので、そのアドレスを入れてもOKです。


あとは「今すぐ更新」ボタンを押して、「正常に…同期しました」と出ればOK。


これを設定しておけば、徐々にずれていく時刻も自動で修正され、うるう秒の時には
最上位のNTPサーバで合わせたうるう秒に合わせてPC側も時刻修正してくれます。




以下は余談ですが、この機能は実はデフォルトオンになっています。でも機能していません。
なぜならデフォルト設定のMicrosoftのNTPサーバが応答を返さないからw


世の中のありとあらゆるWindowsのデフォルトに指定されているのか、単に海外のサーバだからかわかりませんが
一度もデフォルトのNTPサーバとは通信できたことがありません。


幸い一度設定しなおせばあとは気に掛けることなく半永久的に自動で動くので、やっておくと便利です。